テクニックジャパンは50年以上の長きにわたって培われた、アメリカ クロッツ社の高純度R/C専用オイルを妥協することなく100%使用し、日々進化する模型用エンジンに対応すべく、世界でも数少ないあくなき探求心によって邁進しています。

 クロッツグロー燃料は、燃焼性の非常に高いクロッツオイルを100%使用しているハイクオリティー燃料です。一般的な模型用燃料に比べ、混合比を濃い状態で運転できますので10〜20℃低い温度でのエンジン運転が可能です。(当社調べ)
低いエンジン温度は、ゆがみの減少、内部残留オイルの酸化(熱劣化)軽減、錆発生の低下など、耐久性の向上に大きく貢献します。

 クロッツオイルは生分解性オイルですので、土壌中及び空中及び水中のバクテリアによって分解される、環境にやさしいオイルです。
 テクニック ジャパンは環境・高性能エンジンに配慮し、常に向上心を持つ燃料メーカーです。




そのエンジン汚れていませんか?

 エンジンが錆びていたり、変色が見受けられる場合、普段使用している『グロー燃料』が原因です
 オイル品質の悪いグロー燃料は、精密に動くエンジン内部の磨耗が激しく腐食もしていきます。時間が経てば経つほど腐食は進み、エンジンの調子が悪くなったと気が付いたときには手の付けられない状態となっていることが多いのです。


他社製グロー燃料

       A社グロー燃料
 
 
錆びたパーツ  A社グロー燃料を使用し、50回フライト後のエンジン内部です。
 パーツは酸化し、赤黒く変色してしまいました。エンジン内部にはオイル成分がほとんど残っていない状態です。 
 ここまで変色してしまうと洗浄しても落ちきれず、パーツを取り替えることになります。
 パーツの場所や数によってはエンジン自体を新しく購入したほうが安くなることも・・・・・・。

←画像クリックで拡大
   
KLOTZ(クロッツ)グロー燃料

       KLOTZグロー燃料
 
 
新品のようなパーツ  KLOTZグロー燃料を使用し、300回フライト後のエンジン内部です。
 しばらく放置していても、パーツにオイルが付着しており、金属の錆や腐食は見受けられません。メンテナンスも容易になり、エンジンを永く使用することができます。

←画像クリックで拡大
   



なぜオイルでこんなに違う?  KLOTZグロー燃料は、高価なクロッツオイル(化学合成オイル)を100%使用しているハイクオリティー燃料です。
 一般的な模型用燃料に比べ、摩擦抵抗が少ないので
10〜20℃低い温度でのエンジン運転が可能です。
(当社調べ)

 低いエンジン温度は、ゆがみの減少、内部残留オイルの酸化(熱劣化)軽減、錆発生の低下など、耐久性の向上に大きく貢献します。
KLOTZはエンジンを守る!クロッツ燃料一覧へ

TOPページへ


© 2002 Technic Japan